想いと祈りの物語
第二候
節分祭
「ふくはうち」とのみ
 唱えます

本堂の前に、櫓(やぐら)が建てられ多くの人が集まり、
皆が顔を合わせ笑顔がこぼれます。







今日は節分、厄を払い福を呼び込む二十四の節気のひとつ。

法多山では豆をまく掛け声は「福は内」のみ、
厄はお寺に置いていき福を持ち帰れるように…。


歓声と共に拾ったお豆は当り付き、本堂横の引換所で交換できます。
節分と厄除け、節目を尊ぶ礼節は忘れえぬ楽しい思い出と共に続きます。
第二候
節分祭
想いと祈りの物語
それは、時代や季節を越えて存在する、
人を想い、幸せを願い、無事を祈る
大切な「人の心の物語」です。
トップページ
新着情報
法多山縁起
季節の催し物
観音縁日
御祈祷
境内の御案内
厄除団子
ごりやくカフェ
JUNO-BLEND
交通の御案内
リンク集
よくある御質問
プレスの方へ
想いと祈りの物語
美景を歩く
縁起の物語
御守り