想いと祈りの物語
第七候
万灯祭
それは、祈りの灯


月に一度の「功徳日」と呼ばれるご縁日の中で、
7月10日は46,000日分のご利益があると伝えられています。





「46,000」は「一升枡に入る米粒の数」とか…。
“一升と人の一生を掛け、一生分のご利益を願う”、そんな意味があります。


古くから灯をお供えするとご利益が倍増すると伝えられています。

幻想的に並ぶ無数の灯篭は、法多山の夏の夜の風物詩です。





第七候
万灯祭
想いと祈りの物語
それは、時代や季節を越えて存在する、
人を想い、幸せを願い、無事を祈る
大切な「人の心の物語」です。
トップページ
新着情報
季節の催し物
観音縁日
御祈祷
境内の御案内
厄除団子
交通の御案内
リンク集
よくある御質問
想いと祈りの物語
美景を歩く
縁起の物語
御守り