想いと祈りの物語
第四候
想いと祈りの物語



春を待つ山に生命の息吹が感じられる日があります。
桃や桜、木々の新芽や地の花まで一斉に法多山の境内に春が訪れます。






春は私たちに訪れ、命を受けて今を生きる大切さを教えてくれます。



青い空を覆うほどの桜の小道を歩き、共に春を迎える幸福な時間。
花びらが舞う長い石段を登れば、心が少し優しい気持ちになれるかもしれません。
第四候
想いと祈りの物語
それは、時代や季節を越えて存在する、
人を想い、幸せを願い、無事を祈る
大切な「人の心の物語」です。
トップページ
新着情報
法多山縁起
季節の催し物
観音縁日
御祈祷
境内の御案内
厄除団子
ごりやくカフェ
JUNO-BLEND
交通の御案内
リンク集
よくある御質問
プレスの方へ
想いと祈りの物語
美景を歩く
縁起の物語
御守り